So-net無料ブログ作成

愛国にすがりつく人と便乗するビジネス! [歴史]

愛国?現在の空気は・・

最近、日本の空気で感じることは、日本人はこんなに世界で尊敬されているとか、日本の民度は優れているなどテレビやネットで目にすることが多くあります。

日の丸.jpg

同じ日本人として非常にうれしい限りではありますが、ちょっと今の空気感がどのようなことなのかを考えてみました。

歴史認識が変わりつつある

日本が中国、韓国との外交で彼らはお家芸である過去の歴史認識を再三持ち出し交渉カードとすることに対して日本人がうんざりしていること、またいつも譲歩する政府の対応にも嫌気がさし、うっせきした感情が、嫌中韓への感情として現れてきている背景があるのではないでしょうか?

今までの日本の歴史教育が、先の大東亜戦争では日本はアジアの国々に迷惑をかけ、特に中国へは過去ひどいことをしたと教えられてきました。
自虐史観がベースにあり日本人としての誇りがもちにくいのも事実でした。

そのような中で歴史の事実も明らかになり、歴史認識も実際は間違いが多いことが分かってきました。

日本の戦争犯罪をプロパガンダすることで中国は歴史を外交戦略に使っていることなど本当の意味で歴史の事実が分かるようになってきました。

同様に韓国から日本への謝罪要求や戦後賠償についても政府間の条約を無視したものであることにも気づきました。

うっせきしたはけ口から排外思想へ。。

中国、韓国の執拗な日本たたきに対して日本の中にも中国、韓国人の民族性に対して同レベルな韓国バッシングをする集団が現れたり、日本のネットやメディアも同様に中国、韓国バッシングを行う空気に変わってきたのがここ数年の流れと思われます。

さらには在日朝鮮人の人々に対するヘイトスピーチをする集団まで現れる始末。。。

今までの自虐史観である左の空気から一気に右の空気へ変わりだした変化は何なんだろう??

俺のとうちゃんは偉いんだぞ!!
実はこの動きは、愛国でもなんでもなくただバッシングをすることでうっせきした物を吐き出して溜飲を下げているだけではと感じます。

不満とは?・・先行きの不透明の今の日本はアベノミクスで円安、株価上昇も一般庶民にはトリクルダウンの恩恵も無く年々格差が進み蓄積された不平不満が中国、韓国に対してのバッシングにつながっているのではないのでしょうか?

さらに運動などに参加することで不満が吐き出され満足感も上がる。

個人的には中国韓国へのバッシングをするのなら何故あれだけのことを日本にしたアメリカへは行わないのか不思議でならないですけどね!

そのような人たちの考え方に世界に尊敬される日本は素晴らしい、中国韓国の民度とはこんなに違うのだ!その素晴らしい我々は日本人である!!

簡単に言うと『俺の父ちゃんは偉いんだぞ!』と言う子どもと一緒なんだと思います。実際は、俺の父ちゃんでは無く自分自身がどうなんだということが大事なのですが・・

個人的にも昔の日本人は立派で多々尊敬することがあり立派な方が多いと思います。
自分も日本に生まれて良かったと思いますが、現在の中韓化する日本人となりつつある風潮に先人の日本人の方々もさぞ悲しんでいることでしょう?

メディアも嫌韓以前は、こぞって韓流ブームを持ち上げていたはずですが、今度は嫌中韓に便乗してビジネス化する書籍、メディアやなどに対しても冷静になりたいところです。

日本人って容易に全体主義に流れる要素がありすぎですね・・

今後も無いことまで中国韓国へ謝罪する必要は無く、正しい歴史認識で毅然とした態度で望めば良いのではないでしょうか?



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

広告スペース
Copyright © ニュースで時事考察 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。