So-net無料ブログ作成
検索選択

やっぱり原発再稼働は出来レースだった! [行政]

原発再稼働の出来レースとは?

原発に関して調べた事を2年以上前に自分の書いた記事に再稼働場所を記録していた事がある。


「原発稼働ゼロ政府方針をアメリカへ伝えた外務省は、2012年9月12日に「プルサーマル発電の再開」の約束をしてきているのです。

これは国民も知らない密約であります。プルサーマル発電は、ウランにプルトニウムを混ぜたMOX燃料と呼ばれる非常に危険な発電方法にも関わらず、対米密約によってこれから泊、川内、玄海、伊方、高浜など再稼働が計画されている様です。←川内は8月再稼働済み 

今後はこれら原発の再稼働が最優先されると考えられるので、良くニュースをウォツチして欲しい。」

現在どうなっているか?

genshiromap.jpg
原子力規制委員会

川内原発→1、2号機稼働中
伊方原発→3号機稼働中
高浜原発→3、4号機稼働中
玄海原発→3、4号機審査許可
泊原発→1、2、3号機審査中

アメリカと政府高官による話の通りに進んでいるではないですか!
結局原子力規制委員会の審査やそもそもの規制など全く無意味で、稼動する原発はすでに決まっていてそれをあたかも日本の判断で、厳格な基準を設けて稼動する原発を決めているようだが、決まった事に後付けしているだけである。

年次改革要望書が良い例で、日本は粛々とアメリカの要望を答えるために国民を欺きながら進めているだけなのです。

もうすぐ東日本大震災の福島原発事故から6年になろうとして、政府は日本人もそろそろ忘れかけていると考え徐々に原発再稼働にシフトしていっているのが見え見えなのです。

玄海、泊の再稼働が近いと思うがこれも決定事項ということになるのだろう。




スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
広告スペース
Copyright © ニュースで時事考察 All Rights Reserved.