So-net無料ブログ作成
検索選択

中性洗剤・合成洗剤は注意して使用しましょう! [行政]

洗顔、ボディーウォッシュ、シャンプーリンス、歯磨き粉、台所用洗剤や洗濯洗剤など生活の上で欠かせないものですよね!

洗剤.jpg

これらを常に常備しておくことがめんどーくさくなった私は、洗剤関係を一つにまとめております。
洗剤を変えた理由はそのようなことなのですが、色々と調べてみると今まで何げに使っていた合成洗剤についていろんなことがわかってきました。

合成洗剤の毒性については、過去国会でも問題となり議論されていたのです。

昭和37年9月に東京都の32歳男性が誤って30cc程度の合成洗剤を飲み2時間後に死亡したことで、合成洗剤の安全性を問う議論があった。

合成洗剤を誤飲した男性が病院へ行かなかった理由は、洗剤の容器に厚生省実験証明、衛生上無害と記されていたことから大したことはないと判断してそのまま眠ってしまい、その後急変して死亡することになった。

その時に胃洗浄の処置をしていれば助かったかもしれないのに何の根拠で何故厚生省は実証済みと洗剤に明記していたのか?

昭和38年の衆議院法務委員会議事録では、猪俣委員の合成洗剤に対する政府とのやり取りが記されており要所を見てみると、この事件の合成洗剤に記された実証試験、衛生上無害について厚生省の態度を追求しているのである。

死亡した男性の死因は検死の結果明らかな中性洗剤の中毒による死亡であるにも関わらず、厚生省は科学技術庁の調査費で調査した結果として通常の使用においては有毒ではないとの報告書を出している。

それに対して、委員はこのような事態だからきちんと調査をするべきだと言うものの政府側は予算がもったいないとして聞き入れないと言うやり取りが議事録に記されている。

この中で、委員が言うのは洗剤製造の輸入を大手財閥商社を経由してアメリカから行っていることから独占資本に国もメスを入れることができなのでは?と、噂として話している。

そういえば中性洗剤、合成洗剤は戦後アメリカで開発された製品であることに違いはない。
その後アメリカでは先に問題となっていた成分のABS(アルキルベンゼスルホネート)の規制をしている。

これら化学物質の弊害は口から入る他に経皮から体内へ侵入することがあり、マウスでは経皮に塗った化学物質と経口からの致死量では同じ量であった。

肝臓障害や発ガン促進、白血病や妊娠マウスの奇形など、これらが人間に害がないと言い切れるのだろうか?

またこの日本の構図がわかりやすくて今回記録させてもらったのです。
過去に思い出すと薬害エイズ、原発などアメリカが絡むもので問題があると政府はことごとく隠し通すのだと言うことを・・・それはマスコミも全て口を閉ざすからわかりやすい。

政府、マスコミの言う安全には要注意!


スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

広告スペース
Copyright © ニュースで時事考察 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。