So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカのグローバリズムからナショナリズムへ!日本はどうする? [グローバリズム]

グローバリズム信仰

グローバリズム.jpg

これからの時代は、グローバリズムだと言って企業を初め日本人は国際化の波に乗り遅れない様に進んできました。
国際化のルールと言う名の下に、欧米外圧による日本への規制緩和の要求に、外資への市場開放で国益も失うことになっても、いまだグローバル信仰に疑問を持たない日本人のいかに多いことか。

そんな中、グローバル化を進めてきたアメリカトランプの大統領就任によってグローバリズムからナショナリズムへと正反対な国策へ転換する。

アメリカ追従の日本は、どうするの?

アメリカはグローバリズムの追求によって、自国の産業が金融くらいしか無くなり、自国の雇用も安い人件費の国々に取られる事となる。
一方、お金のある人はより裕福になり、今や所得格差も、200倍や300倍とも言われ、さすがのアメリカ人もニューヨークのOccupy Wall Streetデモに見られる様に怒りをあらわにする事になる。

トランプは、この状況を変えるべく政策を進めていくのだろうが日本はどうするのか?
アメリカは自国の景気を回復するために日本に対して要求することも多くなるのは想定されます。
いつもの通り日本はアメリカ追従の姿勢は変わらずにアメリカの要求を政府が仲介役と法整備など実務を行うだけの下請け業むを続けるのだろう。

今までアメリカが進めてきたアメリカ流グローバル化を日本の新聞メディアやコメンテータあたりが「これからの時代は・・だから乗り遅れるな」などとあおる構造だったので、同じようにメディアのこのような、あおり方が見られるようになったら要注意ですね。

アメリカに要求されていることを議会で決定するために国民に意識として植えつけておくことをしていると考えた方が良いかもしれません。

もともと改革だとか変化などと言う言葉自体、アメリカの受け売りで日本発想ではないと思うのですよ。

でもそんな言葉が好きな日本人も多いし、そのような事を言われる方々はいわゆる今の強者に多いですね。

ただし、グローバリズムとは世界トーナメント戦と同じ事なのでいつ自分が敗者になるかもしれないとはあまり考えていないです。

再び経済成長を目指す安倍政権ですが、日本のたった3%に満たない大企業への優遇政策からグローバリズムで勝ち進んだ企業のトリクルダウンに期待しても無理だと分かり、未だにサラリーマン給与水準も低迷したままです。

グローバリズムで超格差社会となったアメリカは、ナショナリズムに方向転換!さて日本はどうするのか!自分で決められないからアメリカに決めてもらうの?


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

広告スペース
Copyright © ニュースで時事考察 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。